バキュームカーの仕事は年収400万円?きつい仕事のやりがいとは

バキュームカー

バキュームカーの仕事は、道路や公共施設などの清掃を担う非常に重要な職種の1つです。しかし、この仕事に対する一般的な印象は「汚い」「きつい」「低収入」といったものがあります。実際にはどうなのでしょうか?本記事では、バキュームカーの仕事について詳しく紹介し、その年収についても解説します。また、きつい仕事のやりがいについても触れていきます。バキュームカーの仕事に興味がある方や、この仕事について正しい知識を持ちたい方は必見です。

バキュームカーの仕事内容

バキュームカーの仕事は、主に道路や公共施設の清掃を担う職種です。具体的な作業内容は、以下のようなものが挙げられます。

下水道・トイレ・食品加工場などの清掃:吸引車を使用して、汚物を吸い出す。

災害時の除去作業:河川の氾濫や土砂災害などで被災した場所の復旧作業を行う。

これらの作業は、専用のバキュームカーを使用して行われます。バキュームカーは、タンク車の一種で、高性能な吸引機械を備えています。そのため、大量のゴミや汚物を効率的に吸い取ることができます。

バキュームカーの仕事は、基本的に屋外での作業が多く、季節や天候によっては、特に冬場は寒さや雪による作業の困難さがあるとされています。また、吸引作業による騒音やにおいが強く、体力的にもかなりきつい作業とされています。しかし、正確な作業が求められるため、適正な研修が受けられる場合が多く、スキルアップのチャンスもあります。

バキュームカーの仕事の年収は?

バキュームカーの仕事での年収は、地域や勤務する企業によって異なりますが、おおよそ300万円~500万円程度とされています。また、経験やスキル、勤務年数に応じて昇給やボーナスが支給される場合があります。

ただし、バキュームカーの仕事は過酷な労働環境であり、労働時間も長くなることが多いため、時給換算すると他の仕事に比べて高い場合もあります。また、深夜勤務や休日出勤などの手当も支給されることが多いです。

ただし、バキュームカーの仕事は、あくまで清掃や汚物処理といった現場作業が中心であるため、職種としてのスキルアップが限られているという一面もあります。そのため、年収面での上昇余地は限られるかもしれません。しかし、正確な作業が求められるため、適正な研修が受けられる場合が多く、スキルアップのチャンスもあるといえます。

また、バキュームカーの仕事は、清掃や汚物処理といった社会に貢献する仕事であるため、やりがいを感じることができる一面もあります。

仕事のやりがいは?

社会に貢献する

バキュームカーの仕事は、道路や公共施設などの清掃を行うことで、社会に貢献する仕事です。綺麗な環境を保つことで、人々の生活の質を向上させることができます。

大量のゴミや汚物を効率的に処理できる

バキュームカーには、高性能な吸引機械が搭載されているため、大量のゴミや汚物を効率的に吸い取ることができます。そのため、他の清掃方法よりも作業効率が高いといえます。

毎日の運動量が多く、健康的な体を維持できる

バキュームカーの仕事は、屋外での作業が中心であり、汗をかいたり、重い荷物を持ち上げたりすることが多いため、運動量が多くなります。そのため、健康的な体を維持することができるというメリットがあります。

長期的な雇用や待遇の安定性がある

バキュームカーの仕事は、地域によっては需要があるため、長期的な雇用や待遇の安定性が期待できるというメリットがあります。

仕事に必要な資格や技術が身につく

バキュームカーの仕事には、特別な資格や技術が必要な場合があります。そのため、研修を受けたり、資格を取得することでスキルアップができるというメリットがあります。

仕事のきついところは?

外での作業が中心で、季節や天候によっては作業が困難になることがある

バキュームカーの仕事は、基本的に屋外での作業が中心であり、季節や天候によっては、寒さや暑さ、雨や雪による作業の困難さがあります。

騒音やにおいが強く、体力的にもきつい作業である

バキュームカーの仕事は、高性能な吸引機械を使用するため、騒音が大きく、においも強いです。また、汚物を取り扱うため、体力的にもきつい作業とされています。

職種としてのスキルアップが限られる

バキュームカーの仕事は、現場作業が中心であり、職種としてのスキルアップの余地が限られるとされています。そのため、年収面での上昇余地は限られるかもしれません。

作業中の事故やケガのリスクがある

バキュームカーの仕事は、作業環境が過酷であるため、ケガや事故のリスクがあります。作業前に必ず安全対策を徹底する必要があります。

勤務時間が長くなることがある

バキュームカーの仕事は、清掃や汚物処理が急を要する場合があるため、勤務時間が長くなることがあります。また、深夜勤務や休日出勤などもあるため、労働時間の調整が必要です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?バキュームカーのお仕事はきついこともありますが、その分やりがいもたくさんあります。また、給料も比較的安定しているため、「車に関わる仕事がしたい」「社会に貢献できる仕事がしたい」と考えている人は一度検討してみてはいかがでしょうか?

カーニバルグループは普通免許からトラックドライバーへの転職を無料でサポートしています。気になった人は以下をクリックしてまずはお仕事を検索してみましょう。

Carnival JOB
求人例57.3万円
求人例52.6万円

関連記事

  1. 働く

    働く意味は何?目的を見失った現代人たちへ

  2. トラックドライバー

    トラック運転手は男のロマン!かっこいい職業の魅力とは?

  3. 仕事

    仕事に飽きたらどうする? ストレス解消のアイデアや転職の判断基準を紹介

  4. 食品ルート配送

    食品ルート配送で働くドライバーの声:苦労とやりがいを語る

  5. 車校

    車校の料金が気になる!安心して選ぶためのポイント

  6. 配達荷物

    初めての軽貨物配送ビジネスで収入を最大化するための5つのヒント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA